読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P132 ui:insertタグ内部の記述

[テンプレート側]
(中略)


上記の様なXHTMLがあった場合、テンプレートファイルにて置き換え対象とするのは、ui:insertタグ部分全体である。
では、その内部の記述は何のためにあるかというと、テンプレート部分が置き換えられなかった場合に利用する内容である。
なお、ui:includeで定義した部分に出力されるには、ここではmenu.xhtml内のui:composition配下が対応関係になる。


[テンプレート利用側]
(中略)


オーバライドしたい内容を書く

テンプレート利用側もui:compositionにて、利用するテンプレートを宣言する。
その際、ui:defineタグにてオーバライドしたい部分を書き換えする事ができる。
書き換えない部分については、前述の通りデフォルトの内容を出力する。

Java EE 7徹底入門 標準Javaフレームワークによる高信頼性Webシステムの構築

Java EE 7徹底入門 標準Javaフレームワークによる高信頼性Webシステムの構築