読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P141 52.SorryPageパターン

・Route53のフェイルオーバー機能とS3のウェブサイトホスティング機能を組み合わせて設定する。
・複数リージョンで構成されたグローバルなシステムの場合でも、一部の地域のみSorry Pageを出すような仕組みを構築できる。

Amazon Web Services クラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版

Amazon Web Services クラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版