Windows版ForkでGitHubの認証をパスワードベースからトークンベースに変更したい

【対象ソフト】
git-fork.com
(現在は専任で開発してくれているので、是非購入してあげて下さい)

【背景】
GitHubが2021年8月13日以降にパスワードでのGit操作が禁止になる。
GitHub、2021年8月13日以降パスワードでのGit操作を禁止へ | TECH+
そのため、その前にGitHubの認証をパスワードベースからトークンベースに変更したい。

【対応方法】
1.パスワード情報の削除
そもそも最初Forkで設定していた際に最初登録したもののどこに保管されているか把握できていなかった。
そのため、どこを書き換えたらいいのか分からなかったが、以下のサイトで丁寧に解説してくれていた。
ksby.hatenablog.com
入力された認証情報はWndowsの資格情報マネージャーに登録されるとのこと。
よって、githubの資格情報をまずは削除する。

2.GitHubの個人用トークンの作成
英語ではあるが丁寧に公式で解説してくれているので、それに従って生成する。
docs.github.com

3.Forkを起動して、GitHubにアクセス
Forkに登録しているGitHubリポジトリでpushなど実行を行う。
するとダイアログが表示されるので、先ほど発行した個人用トークンを設定する。

f:id:yoneyore:20210501223118p:plain
ここに発行した個人用トークンを設定する

【その他】
・Fork 1.59では画面の様なアクセストークンを入力するテキストボックスが表示されなかった。
 Fork 1.61にアップデートするとテキストボックスが表示された。
 この入力フォーム自体はGitHubが生成してそうなのに謎である。。(たまたまか?)
・forkのアップデートは自動で行われるが、手動は[File] - [Check for Updates]で行える。

やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門

やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門

  • 作者:見龍, 高
  • 発売日: 2019/09/14
  • メディア: 単行本
GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者:大塚 弘記
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)