Chromeのタブのポップアップを表示させない様にする方法

【背景】
2019年10月か11月頭位より、タブのところに少しの間カーソルを置いておくと、ドメイン名やページ名などがホバー表示される様に機能追加が実装されている。
最初凄い!と思っていたが、タブをそこまで多く利用しない身としては、ポップアップに表示される情報量があまり意味がなく、加えて他のタブの見たいところが埋もれてしまって不便になったと思っていた。

【対応方法】

  1. chrome://flags/#tab-hover-cardsでEnter
  2. 「Tab Hover Cards」という設定値を「Disabled」に変更
  3. 右下のRelaunchボタンを押下

【参考情報】
Chromeのフォーラムで質問が既に挙がっていた。
support.google.com

redmineにプラグインをインストールしようとするとundefined methodエラーになる

【環境】
redmine 3.4.3
Ruby 2.4.0
Ruby on Rails 4.2.8

【インストールしようとしたプラグイン
Issue Template
https://www.r-labs.org/projects/issue-template

【事象】
Redmineに上記テンプレートをインストールしようとした。
マニュアルに従い(※1)、以下のコマンドを実行した。

bundle exec rails redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

※1 マニュアルにはrails ~と記載あったが、パス張ってないので、内部の利用しているのを使いたいというのもあり、bundle execを自身で補完している。

結果、以下の様なエラーを得ることができた。

Error:Command ' redmine:plugins:migrate' not recognized
/opt/redmine-3.4.3/vendor/bundle/ruby/2.4.0/gems/railties-4.2.8/lib/rails/commands/commands_tasks.rb:151:in `write_error_message' : undefined method `success? for nil:NilClass (NoMethoError)
    from /opt/redmine-3.4.3/vendor/bundle/ruby/2.4.0/gems/railties-4.2.8/lib/rails/commnds/commands_tasks.rb:41:in `run_command!'
    (以下略)

【原因】
Ruby on Rails 4系は、railsコマンドでなく、rakeを使わないといけなかったため。
読んでいたマニュアルは、Ruby on Rails 5系のであった。

【対応方法】
以下の通り、railsをrakeに変更するだけで無事インストールできた。

bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

【補記事項】
Ruby on rails 4系までは、rakeコマンドとrailsコマンドは使い分ける必要がある。Ruby on rails 5系では、rakeコマンドをラップする形でrailsコマンドが作成されている様なので、とりえあずrailsコマンドを利用していてよさそうである。(ruby全く書けない素人が1,2分調べた程度なので、嘘書いていたすみません…。)
・Issue Templateを利用する場合、Redmine3系はv0.2.x-support-Redmine3のブランチもしくはv0.2.x系のタグのプラグインを利用する必要がある。
 なお、gitで指定する場合は、redmineのpluginフォルダで以下を実行すれば取得可能である。

git clone -b v0.2.x-support-Redmine3 https://github.com/akiko-pusu/redmine_issue_templates.git

入門Redmine 第5版

入門Redmine 第5版

ローカルに作成した.gitconfigが見つけれない

【事象】
利用しているメインなリポジトリ用のアカウントと、自身の作業用のアカウントを分けたかったので、以下の記事を参考させてもらい作業を行っていた。
ksby.hatenablog.com
その際、どこにローカル用の.gitconfigが作成されるのかファイルエクスプローラの中身を確認しながら作業を行っていたが、全く見つける事ができなかった。

【原因】
・cloneしているディレクトリ直下にできるものかと思い込んでしまっていた
 →実際は、そのディレクトリ配下にある.gitフォルダ内に作成されていた。

・.gitconfigばかりを検索していたので見つからなかった
 →configというファイル名で.gitconfigに生成されると想定していた情報が書き込みされていた

【気づいた方法】
以下のコマンドを実行して、ファイルが本当に存在するのか確認してみた。
結果、異なるファイル名のものが開いたので、それで気づいた。

git config --local --edit

【改訂新版】Gitポケットリファレンス

【改訂新版】Gitポケットリファレンス

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

タスクスケジューラで"指定されたアカウント名が有効ではありません"と怒られる

【内容】
Windows Serverのタスクスケジューラにおいて、ログオンしている以外にも稼働させる様に設定変更を行いたかった。
そのため、セキュリティオプションの「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」の設定を行った。
その際にアカウントが求められたので、管理者のユーザー名とパスワードを入力した。
しかしながら、ユーザー名もパスワードも間違えていないのに、”指定されたアカウント名が有効ではありません”と怒られて設定が行えなかった。

【原因】
名前空間が誤っていた。
今回の場合では、ユーザー名だけでは足りてなかった。

【対応方法】
ホスト名\ユーザー名に設定する。
もし分からない場合 or 異なる場合は、GUIから設定を行う。
具体的には、ユーザーまたはグループの変更で権限に利用したいユーザーを選択すると、勝手に補間してくれる。

できるPRO Windows Server 2016 Hyper-V できるPROシリーズ

できるPRO Windows Server 2016 Hyper-V できるPROシリーズ

Windows Sysinternals徹底解説 改訂新版 (マイクロソフト公式解説書)

Windows Sysinternals徹底解説 改訂新版 (マイクロソフト公式解説書)

プロダクトエクステンションとブランドエクステンションとラインエクステンション

[プロダクトエクステンション]
売上の伸びがなくなってきた時などに、デザインや容量を変更した商品を導入し、ブランド力を高める戦略

[ブランドエクステンション]
消費者の間に浸透し、市場での地位を確立しているブランド名で、現行商品とは異なるカテゴリに参入する戦略

[ラインエクステンション]
実績のある商品と同じカテゴリにシリーズ商品を導入し、同一ブランド名での品ぞろえを豊富にする戦略
(ITストラテジスト 平成30年 問11)

情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版

情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版

スキミングプライシング

先行者利益を獲得するために、製品投入の初期段階で高価格を設定する手法
新製品の導入期の価格戦略の1つで、早期の資金回収を目的に製品ライフサイクルの初期段階で価格を高く設定するもので、上澄吸収価格設定とも呼ばれる。
(ITストラテジスト 平成30年 午前Ⅱ 問9)

情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版

情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版

BABOK[a guide to the Business Analysis Body Of Knowledge]

経営者のビジネスニーズや業務にかかわるステークホルダの課題を、調査、整理、分析、文章家、検証、調整を行い、解決策が満たすべき要求として取りまとめるビジネスアナリシスのベストプラクティスを体系化したものである。
ビジネスアナリシスの計画とモニタリング、引き出し、要求アナリシス、要求管理とこみにゅにケーション、エンタープライズ・アナリシス、要求分析、ソリューションの評価と妥当性確認、基礎コンピテンシの七つの知識エリアについて纏められている。
その内要求は、ビジネス要求、ステークホルダ要求、ソリューション要求、移行要求の4つに分類されている。

ビジネス要求:利用部門や運用部門などから個別に発せられるニーズであり、要求アナリシスの活動で定義している。
ステークホルダ要求:経営戦略や情報化戦略などから求められる要求であり、エンタープライズアナリシス活動で定義している。
ソリューション要求:組織・業務・システムが実現すべき機能要求と非機能要求であり、要求アナリシスの活動で定義している。
移行要求:新システムのデータ変換や要員教育などに関する要求であり、ソリューションのアセスメントと妥当性確認の活動で定義している。
(ITストラテジスト 平成25年 午前Ⅱ 問4)

情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版

情報処理教科書 ITストラテジスト 2019~2020年版