IE11 / Edge のEOL

●前提
・2020年6月を起点とした場合は、Windows10を対象に調査する。(サーバーOSは顧客が気にするところではないので除外、8.1は担当顧客が既に7 → 10に移行したため存在自体無かった事にする)
・Windows10にはEnterprise LTSC[※1](旧LTSB)も存在するが、一旦無視する。(自身の担当顧客では出くわした事がないため)

※1 Windows10 Enterprise LTSC
docs.microsoft.com


●IE11
(結論)
2025年10月14日(?)

(調査方法)
製品のライフサイクルの検索にてIE11を検索
https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/search?alpha=Internet%20Explorer%2011

注意書きに従い、ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Edgeを確認
しかしながら、当資料内には明確な日付が未記載
ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Edge | Microsoft Docs

1次ソースから明確な日付は追い求めるのは困難だったが、2次ソースとして記載を発見
www.atmarkit.co.jp

裏付け資料としては、やはりIE11直接な記載はなく、OSのサポート期間に依存する模様
結果、再度製品のライフサイクルの検索にてWindows10を調査した結果、延長サポートが2025年10月14日と明記が有ったため一旦結論づけた。
https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/search?alpha=windows%2010


●Edge(EdgeHTML版)
(結論)
2025年10月14日(??)

(調査方法)
製品のライフサイクルの検索にてEdgeを検索
リリース日が2020/01/15と既に当検索では相手にしてくれない
https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/search?alpha=Edge

Microsoft Edgeのライフサイクルという記事はあったが、Chronium版しか記載無し
docs.microsoft.com

MSのサイトにも以下の記事以外で最新情報を当ブログを記載した時点では見たことが無い
the-board.jp

redditでも話題になっているものの分からないという結論が3カ月前
Edge legacy end of life? : microsoft

こちらに関しては、2次ソースすら存在しない。
そのため、Edge HTML版に関しても、Windows10のサポート期間を頼りにするのが一番信憑性が高そう。
https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/search?alpha=windows%2010


●Edge(Chronium版)
(結論)
モダン ライフサイクル ポリシーに準ずる → 何かをトリガーに少なくとも 12 か月前に通知

(調査方法)
こちらのサイトを確認したら、モダンライフサイクルポリシーが適用されるとの記載有
docs.microsoft.com

モダン ライフサイクルポリシーとはなんぞや?と調べたら、以下の様な記載があった。

モダン ライフサイクル ポリシーが適用される製品では、Microsoft は、無料の製品やサービスまたはプレビュー リリースを除き、後継の製品またはサービスを提供せずにサポートを終了する場合、少なくとも 12 か月前に通知します。

モダン ライフサイクル ポリシー | Microsoft Docs


●その他
・Windows10なら単純に2025年10月14日ではなく、Windows10のどのパッチが当たっているかも影響する。
"Windows ライフサイクルのファクト シート".Windowsサポート
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13853/windows-lifecycle-fact-sheet

・新型コロナの影響により、上記期間に関しては、今後延長される可能性はあるため、都度ウォッチはしておいた方が良い。
但し、基本伸びない前提で動いた方が良い(猶予期間がたまたま伸びた位で考えておくべき)。
docs.microsoft.com
新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能 - Engadget 日本版

Wikipediaには以下の様な記載もあるため、上記内容はあくまでも解釈の一種であり、正当な解は誰も知る由はないというのが正直なところか。

Windows 10には互換性維持のためにInternet Explorer 11が引き続きバンドルされている。Windows 10はサポートポリシーがこれまでより大きく変更され、アップデートを続ける限り半永久的な使用が可能である。したがってこれまでのサポートポリシーをそのまま適用するならば、Internet Explorer 11がバンドルされ続ける限りは半永久的にサポートが継続されることを意味するため、Internet Explorerの完全なサポート終了およびEdgeへの正式移行の時期は不明である。
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB のサポート期限の2025年10月14日までという話も合ったが[40]、2018年7月現在、マイクロソフトは明言を避けている

Internet Explorer - Wikipedia

・IE11は危険という記事はそのまま日本語記事を解釈したら危険かも。
とはいえ、古いのであまり使いたくないという気持ちは正直なところ。。。
www.atmarkit.co.jp